こんにちは!ようこそ。”ゆうこりん”こと福田裕子です。福井県鯖江市からお届けしています。ここでは、10秒ポーズ®マスター養成プログラムとはどんな内容なのかをご案内していきますね。


◆家庭を大事にしながら、仕事も健康も充実させる


あなたは、『運動は、自分への投資である』とはっきりと断言できる人でしょうか。生きることを丁寧に考えているあなたならば、毎日の暮らしがいかに重要かは、充分にご理解いただいていると思います。


それでも、散歩する以上の運動に取り組めていないとしたら、このプログラムはあなたにとって大いに役立つでしょう。もちろん、歩くことはとても素晴らしい健康法です、私も歩くことは大好きです。


ただ、正直に告白しますと、私には散歩する習慣がありません。わざわざ歩くために外に出るきっかけがつかめないのです。お家で過ごす方がいいじゃないですか?


福井は冬に雪が降るので、どうしても閉じこもりがちになります。冬は、お家で水ようかんが最高!です。私は近所のお菓子屋さんがつくる水ようかんを食べ比べして楽しみ、自分でもつくってみたりしていますよ。すみません、話がそれました。


私は走るのも苦手です。ランニングする人はすごいなあと思います。とはいえ先日は、コロナ禍で家で過ごす時間が増えた愛しい夫と、雪が降ったすぐあとの誰も歩いていない雪の田んぼ道を一緒に歩いてきました。真っ白な雪原に、足あとをつけて歩く。それは、とても楽しく気持ちのよい時間でした。


それでも「散歩が習慣です」と言いきる自信はありません。あなたも、私と同じタイプであるならば、運動をほかの方法によって、どうにかして生活に取り入れていかなくてはいけませんよね。


人によっては、歩き過ぎが膝や股関節を痛める要因になっているのに、「歩くことはいいこと」と信じるあまり、歩き過ぎになっていることもあるので、私はそれがとても気がかりです。年齢や体質、さらには時期によっても、あなたにピッタリな健康法というのは、さまざまです。


でも、「やりたいことをやりたいのよ!」「大好きなあの人、大切なあの人とずっと一緒にいたい」というあなた、自分で思考し工夫してみることができるあなたであれば、きっと10秒ポーズを気に入ってくれると思います。


もしかしたら、あまり人には言わないけれど、病気や手術の後遺症で無理ができないようなわけがありますか?。年齢を重ねれば、いろんな出来事が起こりますよね。あとからお話しますが、私も実は慢性の、なかなか治らない病気をもっていました。



◆「弱っていく母をなんとかして助けたい」

 
10秒ポーズ健康カレッジが運営する『10秒ポーズマスター養成プログラム』では、10秒ポーズという運動学習ドリルをもとに健康とはどのようなものであるかを心から理解し、自分の体に自信を持ち、ゆくゆくは指導ができるようになるまでをガイドしていますが、この知識と技術は、自分のため、家族のために使うこともできるという利点があります。


これまで、「77の母が膝の痛みで悩んでおり、運動の仕方もわからずどんどん足腰が弱っていっているのを何とか防ぎたい、助けたい思いで申し込みました」という方もいらっしゃいました。


10秒ポーズという便利な方法を使えば、運動の初心者が陥りがちな失敗を回避することができます。「このやり方で間違っていないだろうか」「わたしはちゃんとやれているのだろうか」という不安な時間を過ごすことがなくなります。


なぜ、そんなことができるかというと、10秒ポーズというプログラムそのものに、リハビリに用いられる運動療法をわかりやすく基礎から学べるシステムを組み込んでいるからなのです。構築するまでに10年近くかかりました。


教えることをカリキュラムの一つに入れている理由は、アウトプットすることが何よりもあなたの学びになるという確信が私にはあるからです。
 
あなたはこれまで、どれくらいの量のテレビや健康本や雑誌から知識を得てきたでしょう。有効活用されているでしょうか。サプリメントを購入してみたこともあるでしょう。健康グッズをつい、あれこれと買ってみたこともあるのではないでしょうか。


もし、あなたがとてもたくさんのことを学び試してきたのに、自分の将来や家族の健康に不安があると感じているなら、ぜひ最後までこのページを読み進めてみてください。



◆ヘルスケアのプロも認めるプログラム

 
この10秒ポーズマスター養成プログラムは、これまでフレイル予防サポーター、理学療法士、ボイストレーナー、アロマセラピスト、ケアマネジャー、地域支援のリーダーなど、医療、福祉、教育、健康の専門家の方々に受講していただいているオンラインコースです。

 
あなたは、いつでも、どこでも、自由な時間と場所で学習を進めることができます。何から始めればいいか戸惑うこともありません。今、自分がどのステージにいるのかをチェックできる自己評価シートで進捗管理が用意されているからです。


このコースでは実践で得られる体験を通じて、あなたの成長を助けます。あなたは発信力と影響力を増し、喜ばれながら世界を変えていくでしょう。


今まで躊躇していたことにもチャレンジできるようになり、人の目を気にせず、自分が本当に叶えたかったことにむかって行動する力が湧いてきます。姿勢も良くなり、自信が持てるようになります。


10秒ポーズは、病院の待合室のパンフレットや、鯖江市のロコモ予防講座のテキストとしても採用されました。大学附属病院を退院する方の糖尿病運動指導の習慣づくりのヒントとしても紹介されました。鯖江市高年大学という生涯学習講座としても導入していただいています。


おかげさまで、時間をかけて熟成され、ヘルスケアや教育機関のプロも認めるプログラムに成長してきました。



◆日本文化に根付いた『禅ZENメソッド』10秒ポーズ

 

10秒ポーズは、リハビリテーションに用いられる運動療法、産業衛生、ヘルスカウンセリング学をもとに開発した新しい運動学習ドリルです。


あなたも子どものころに、漢字ドリルや算数ドリルをした覚えがあるでしょう。毎日少しずつ、ごく簡単なことを繰り返すことで、学習が進み、出来なかったことができるようになったはずです。


運動はもちろん、普段の考え方や行動パターンも、毎日繰り返すことで脳や体が変化して、良くも悪くも変わってしまうものです。


10秒ポーズは、筋トレやストレッチやヨガなどに、どうしても苦手意識がある人のために、毎日の暮らしの中に取り入れやすいよう、日本文化を大切にしながら、理学療法士が働く女性の目線で開発した健康法、気づきと探求の『禅ZEN』メソッドです。


◆「これからは自分の体に責任を持って・・・」

10秒ポーズを学び始めた方からこんなメッセージをいただきました。

「10秒ポーズを通して 体の癖を直していこうと思いますが、それと同時に自分の性格を見詰め直せるよい機会だと感じています。今、10秒ポーズに出会えたこと、ゆう子さんに御縁があったこと幸運です。五体満足に生んで育ててくれた両親に感謝しながら これからは、自分の身体に責任を持って大事に大切に修正していきたいです。」


体をうまく動かせない人、何かと忙しい毎日を送っている人も、簡単に始められて続けられるよう、ハードルの低さに徹底的にこだわりました。疲れない、きつくない、つらくない、いつでも、どこでも場所も時間も選ばずできて、分かりやすく、アレンジ自在です。


・・・というよりもむしろ、自由にアレンジしオリジナルのポーズを作り、探求し、遊んでみていただきたいです。


『遊ぶ』ことは、年齢を重ねた私たちの体にはとても大事なことです。「老いたのではない、遊ぶことを忘れたのだ」とは、かの有名な・・・


いやいや、たまたま、いま私が思いついて言ってみただけです。



◆誰一人としてできない人をつくらない


10秒止まってみるだけだから、たとえば、グループで行った場合も、その場にいるみんなが安心してできるから、共通言語ができてコミュニケーションもいい感じになります。


実際、Tさんという70才になる方が、「年末年始に娘が帰って来た時に、31種類のポーズを一緒にやって大笑いして楽しみました」というレポートを送ってきてくださいました。


すごろくや、福笑いと同じように使っていただけるのも、10秒止まるだけのシンプルな手法だからこそですね。


大事なことなのでもう一度いいますが、10秒ポーズは、ヨガでも、ストレッチでも筋トレでもありません。安心してください。10秒体を止めるだけなので、誰でもできます。きつくない、疲れない、なのに効いている感じがしてきて、嬉しくなります。運動してこなかった人ほど効果が出る方法です。


家族仲良く幸せに健康に暮らす。当たり前の毎日を、けっして当たり前だと思うことなく大切に生きる。そんな生き方を大事にしているあなたのためのプログラムです。



◆もう、無関係の人からの評価や常識に縛られなくていい


おかげさまで、10秒ポーズは2014年ごろから毎年のようにメディアに取り上げていただき、福井県の地元の行政や企業のみなさまからの継続的な講師依頼をいただいて、高齢者のリハビリ指導や介護予防運動指導という形で、多くの方の希望や生きるエネルギーを取りもどすお手伝いをしてきました。


不思議なことに、ゆうこりんの話は元気が出る、刺激をもらえる、共感できる、楽しい、分かりやすいと好評をいただくのです。私にしてみれば、とても不思議なことです。それって本当?みんな盛ってない?と心の中でツッコミ入れてしまうこともあります。みんな、優しい人たちです。


これまでいただいた、様々な感想やアンケートはできる限り残してあります。こちらからご覧いただくことができます。2021年には、コロナ禍にも関わらず、総計1700人余りの方に直接お伝えすることができました。


なぜ、私がこのような「10秒止まるだけ」のプログラムにこだわったかというと、自分自身がアトピーの症状で体を動かすのすら辛い日々を送った経験があるからです。


あのころは、外出することや人前に出ることさえ恐怖でした。友達に誘われて行ってみたフィットネスクラブの鏡の前に立つと、たら~りたらり『がまの油』を思い出すくらい、ほんとうに嫌なものでした。


高齢者はもちろん、子育て、介護、仕事で忙しくしている人の悩みは、当事者にならないと分からないものです。人生に起こる様々な体験は、一人一人まったく個別のものです。同じ人生は二つとありません。それなのに、常識や人の目を気にしてしまうなんて、もったいないと思いませんか。


2019年12月にはサンマーク出版から『一生歩ける体をつくる10秒ポーズ健康法』として書籍化し出版も果たしました。今だから言えますが、苦労しました。楽ではないけれど、楽しい苦労でした。


じつは私自身、どうして10秒ポーズがこんなに好評なのか、あまりよく分からないまま、見通しのつかない闇の中で、微かにでも光が見える方へ、目の前の人が喜んでくれる方へと、進んできました。



◆「こんなものだ」とあきらめていませんか?


私の話はともかくとして、あなたのまわりをよく観察してみると、こんな現実がありませんか?

運動は辛いのものだと思っている。

歳をとると老いて背中が丸くなるのは仕方ないものだ。

負荷と時間をかけて、へとへとにならないと強くなれない。

運動しても食べたカロリーほどにはエネルギーを消化しないから運動する気になれない。

もう年だから、筋肉をつけるなんてムリ。

一人で運動がんばっても効果が実感しにくいので続けられない。

簡単に始められて続けられる運動プログラムを見つけるのは困難。

ヨガや筋トレもウォーキングもムリな感じがする。

外出しないと出来ないようなことに時間は使えない。

専門家の指導やチェックがないとこれでいいのか不安。

他に運動といえばラジオ体操や歩くくらいしか方法がない。

やりたいと思ってはじめても続けられない。

忘れてしまう。

老いや健康の心配が絶えない

など。



ところが、10秒ポーズなら、こんなことが実現していきます。


家にいながら誰でも運動が始められ、続けられる。

年齢を重ねても背中が丸くならず、姿勢も美しく艶があり若々しい。

身長が伸びる。

疲れない、きつくない、つらくない、いつでもどこでも場所を選ばない

わざわざ着替える必要もない。

自分の工夫や成果についてメンバーサポートや応援を得られる

10秒で運動効果がわかる。

高齢者にもわかりやすい指導ができて喜ばれる

地元で講師としてひっぱりだこ。

社内研修もできるようになる。

家族との時間を損ねたり、遠慮したりしなくていい。

家族に教えてあげることができるので、みんなで健康に笑顔になれる

肩こり、腰痛、膝の痛み、冷えやむくみも解消されていく。

シンプルなアナログ・ツールを使うので、忘れることがない。

ゲームの様に自分で決めたタスクを楽しくクリア

健康なライフスタイルが身につく。

健康や老いの心配をしなくてよくなる。

いきいきと笑顔で、家族といい距離感で互いにやりたいことがやれる




◆ずるずると、何もしないまま手遅れになってしまう前に


10秒ポーズは、運動していない人にこそ効きます。リラクゼーション効果と体力向上の効果が期待できる10秒間のフィットネス方法です。ずるずると、何もしないまま手遅れになってしまう前に、人生におこりうる数々の人間関係や健康の悩みや問題を解決してください。


介護予防運動指導に15年以上関わり、理学療法士として30年、のべ8万人以上の高齢者の運動指導を行い、企業研修、腰痛予防研修、健康教室、学会市民公開講座、講演会、雑誌やTV出演などで多数実績のある、株式会社スタジオユウ代表 福田裕子が監修しています。


あなたが、ストレスケアやメンタルヘルスやリラクゼーションなどに興味があるなら、ヘルスカウンセリングをもとにしたストレスマネジメントや感情との付き合い方、健康計画のつくり方と運用の実際、行動変容ケースレポートなどもお伝えしていきます。


現場で培われた豊富な事例からインスピレーションを得て、あなたのフィールドでぜひご活用ください。



◆これまでの話をまとめましょう。


あなたは、どこからかこのページにたどり着き、ここまで私の話を聞いてくださいました。ほんとうに、ありがとうございます。私は、ゆうこりんと呼ばれていますので、あなたもぜひ、ゆうこりんと呼んでくださいね。


運動は、自分への投資です。

でも多くの人はそのことを自覚していません。


さらに具合の悪いことには、運動がダイジだとわかっていても、ほかに優先順位の高い大事なことが山ほどあるために、運動できていない人の方が多いのです。「運動がダイジ」「歩くのは健康にいい」と思うあまり、やりすぎてしまっている人もいます。


でも、10秒ポーズというプログラムを使えば、時間を上手に使いながら運動習慣を作ることができ、誰にとってもムリがありません。


運動における基礎・基本の大事なことだけを学習しながら自分のものにしていくことができるので、一度理解してしまえば、あなたにとって、一生ものの財産になるでしょう。

    
マスター養成コースは、10秒ポーズ・プログラムをマスターする目的だけでなく、
・介護や予防事業やリハビリなどの仕事に生かしたい
・会社の健康経営に活かしたい
・自分や家族の健康維持のために勉強したい
・地域活動に活かしたい
・セラピーのサロンワークに活かしたい
という方に、これまでご受講いただいています。



運動があまり好きでなくていいので、学ぶ意欲があり、家族やパートナーとの関係をとても大事に考えている意識の高い人にエントリーしていただきたいと思っています。


今は何かしら、モヤモヤとしていて構いません。「みんなで元気に仲良く幸せに生きていきたい」という想いがある、というのが一番大事な条件です。気づいた人からはじめるしかありません。あなたが自信をもって家庭や職場で健康で過ごし、元気でいることがまわりのみんなの健康にもつながります。健康は伝染する(うつる)んです。



◆みんなのオアシスになる


こんな長い話にここまでおつきあいくださったあなたなら、きっと大丈夫です。あなたもご存じのように、健康や幸せは人との関係もふくめた環境要因が大きいことを、数々のウェルネスや健康に関する研究が示してきました。


一人きりで健康をつくることはできないのです。これからはあなたが、オアシスのように、人々の中心となって周りに潤いと栄養を与えてあげてください。


オアシスとは、長い旅の途中のひと時の安らぎの地です。多様性を受け入れ、癒しと再生によって再び立ち上がり、旅だとうとする人を見送り、勇気と力を与えることのできる豊かな存在の象徴です。

  
開始時と終了時には、キャリアや経験や個人の特性を生かし、10秒ポーズを活用していただく方法について個別にご相談にのります。


企業研修の場合、新人研修、企業研修、健康経営での、運動習慣、安全衛生、メンタルヘルス改善プログラムとしてもご活用いただけます。 



※受講生のフォローアップのため、コースの募集は年に1回。
※募集案内が欲しい方は下記の登録フォームにメール登録ください

※登録は無料です

※ご登録いただいた方に、イラストで可愛い『10秒ポーズ動画31本QRコード付きすごろくシート(PDF)』をプレゼントします。