福井発!禅メソッド~心と身体が甦る10秒ポーズ体験教室~

【お知らせ】東京(4/18)満席となりました

運動とは、辛いもの、苦しいものと思っていませんか?

運動とは、痛いもの、辛いもの、苦しいものと思っていませんか?

□肩や首を動かしてほぐしているのに、ちっとも楽にならない

□スクワットをしたら、膝が痛かった

□運動が辛くてやめてしまった

□病院でのリハビリが終わったのに、力がついた気がしない

こんな経験がありませんか?


こうした失敗はすべて、正しい運動のやりかたを、だれにも教えてもらってこなかったからなのです。正しい運動のやりかた、はじめ方、続け方を、ちゃんとお伝えしてこなかった、私たち業界全体の責任だと、私は考えています


筋トレがいい、ストレッチがいい、ウォーキングがいいetc.いろいろ言われていますが、現実をみると、運動習慣のない人がまだまだ大勢います。体が弱ってしまうまえに、なぜ、もっと早く体づくりに取り組めなかったのか?どうして、みんなにもっと早く、正しいやり方で運動をスタートしてもらうことができなかったのか。


これは、リハビリテーションや介護予防の業界で28年仕事をしてきた私の、リアルな実感です。これまでの専門家と言われる人たちの、やり方では、ダメなのです。ですから私は、今までと全く違う運動指導方法を探し求め、研究をつづけました。


運動が苦手な人、体に不安がある人、病後、手術後の体力づくりを、無理なく楽しく続けられるように、理学療法士と経験豊富なインストラクターが、独自の方法でしっかり継続サポートいたします。今回は、その体験教室です。お早めのお申込みを。

10秒止まる

このプログラムは、高齢者介護予防を10年以上行ってきた理学療法士が、リハビリテーションに使われる運動療法をもとに、福井の文化や風土に学びながら女性の目線で開発した、筋トレでもなく、ストレッチでもない100年つよく美しく歩ける体をつくるための、まったく新しい運動方法です。

体は人生、運動は希望

「体」という文字をよく見ていただけますか。にんべんに、本(もと)と書く。このことからも分かるように、「体」とは人の本、つまり人生のおおもととなる、大事なものです。運動は、辛いものでは決してありません。運動は希望そのものです。(このことは、また、ゆっくりお伝えしていきたいと思います)


なのに、これまで、体の正しい取り扱い方を教えてもらうことなく、運動習慣も身につかないまま、「なにか運動をしなくては」と焦りながら、数か月、数年、過ぎてしまった方も、多いのではないでしょうか。

けれど、今日からは違います

私たちは、あきらめて欲しくないのです。


福井発の禅メソッド

●暮しすべてがFitness

体の弱点を強くするという発想ではなく、もともとある善い部分、美点を磨きあげることで全身を強くし、甦らせていきます。暮しすべてがフィットネスである、という考えは、生活すべてが修行である福井県の曹洞宗大本山永平寺の禅Zenにも通じます


その人の回復力を信じ、ひとりではなかなかできない運動量とバリエーションを得られるように、勇気づけ、元気づけのチームを、リハビリテーションの叡智を投入し、細心の注意をはらって創りあげます。

  

これまで、福井で行ってきた教室では、病後のソーシャルサポートとして機能する、すばらしい成果を上げてきました。メンバーの女性はみな、現役で仕事を続けています。これらは、仏教王国とも称される福井で、同業が持ち回りでそれぞれの家に集まって行う「お講さま」をモデルにしています。

        

また、10秒ポーズは、誰かが教えてレッスンを受けるような『先生と生徒』という関係ではなく、みんなが先生であることが特徴です。病院の治療は終わったけれど、スタジオレッスンやジムへ行までの体力にまだ自信がない、大勢の中に出るのが苦手。行政の予防教室には行きたくない、という人のための、少人数制のコアなお教室です。


今回、はじめて東京と福井で体験教室を開催します。

東京教室はこちらからもお申込みいただけます

がんばらなくていい、無理しなくていい

◆受講すると…

・やっていいこと、悪いことが理解できる

・喜びや快感のセンサーが磨かれ、全身の細胞が幸せであふれる

・人生を丸ごと受け入れられるようになり、楽しみが増える

・一生の仲間ができる

・成功と改善をともに喜びあえる

◆受講しなかった場合…

・体を動かす喜びや快感について経験しないままなので、人生でちょっとした損をする

・不調によるイライラや不安が続く

・昨日と変わりばえしない毎日

・あの時、やっておけばよかったと後悔する(←こんなお声を実際に頂いて、あのとき、きちんとお誘いしておけばよかったと、私も後悔したことがあります)

参加者の声

・ここまで頑張ってきた生き方を認めてもらえたような、褒めてもらえたような気持ちになりました。(K・Yさん)

・体にいいことをしている、とおもった。(S・Kさん)

・坐骨神経痛で杖をついてコルセットもしているのですが、体が軽くなって歩くのが楽になりました。(O・Tさん)

・楽しくて楽しくて仕方がない。ここへ来ると嬉しくて、痛みが消えます。(M・Mさん)


【東京・福井】体験教室の開催日程

東京教室【巣鴨】

4月18日(木)AM 10時~11時半

参加費 3,000-(当日現金)

会 場 健康古民家かのう

住所:東京都文京区千石 3-28-5

アクセス

https://www.kenko-kanoh.com/blank-4


*お申込み方法①メール

下記アドレスに

①お名前

②電話番号

③メールアドレス

④東京教室参加

とご記入のうえお申込みください。

折り返し確認メールをお送りします

【メールアドレス】

contact@studio-yu.com

スタジオユウ 担当 福田裕子


*お申込み方法②こくちーず

下記リンクのお申込みフォームに必要事項をご記入ください。

福井教室【鯖江】

4月26日(金)PM 2時~3時半

参加費 3,000-(当日現金)

会 場 鯖江市内民家

住 所 福井県鯖江市下新庄町 


*お申込み方法①メール

下記アドレスに、

①お名前

②電話番号

③メールアドレス

④鯖江教室参加 

とご記入のうえお申込みください。

折り返し確認メールをお送りします。


【メールアドレス】

contact@studio-yu.com

スタジオユウ 担当 中島玲子

正直にお話しすると…

たった10秒に運動療法のエッセンスを組み込むのに、じつは、10年近くかけて運動療法や産業衛生を元から学びなおし、何人もの方々に協力してもらってきました。


介護の現場で腰痛予防プロジェクトとして導入してくださった福井県のある社会福祉法人では、体操導入6ヶ月後に、4割の人が痛み改善したと答え、心理社会的な要因による慢性疼痛ハイリスク者が0に、中リスク者が半減という結果が出ました。また、たった一回の講演会で、痛くない、楽になったという報告を、複数いただくこともあります。


パーキンソン病と診断を受け、人工膝関節手術もしたある70代の女性は、回復をあきらめずこのプログラムに参加して、階段を楽らく上がりきる脚力を身につけ、安心して旅行ができるようになりました。今年4月のはじめには、主治医の定期受診の折に、内服薬を減らせるようになった、という嬉しい報告もいただきました。


ですが、ここで私は、頭をかかえました。


はたして、このプログラムは、私がいなくても同じような成果を出せるものなのか、100年歩ける体をつくる運動学習教材やシステムとしてひとり歩きさせても、みなさんに楽しく喜んで使ってもらえるのかどうか?と。


つまり、まだまだ、開発の余地のあるプログラムなのです。緻密に考え抜いた体操ですので、体にある一定のよい変化を実感していただく自信はありますが、いろんな立場の方々に体験していただいて、ご意見やご助言をいただきたいと思うのです。

 

『100年歩ける体をつくる』、『人生の最期に「この体で生きてきてよかった」「体の細胞全部に幸せの記憶しかない」というほどの生き方を実現する』。こうした、私たちの目指すところに共感していただき、一緒にこのまったく新しいプログラムをつくりあげてみたい!と思われた方のご参加を、心より(全身の細胞の叫びが聞こえるくらい)心より、お待ち申し上げております。

うれしい、たのしい、だいすき!と思える毎日を