企業理念

人生100年時代

 一生、歩ける体をつくる 

 一生、元気に働ける

はじめも、終わりも、幸せに


もとはといえば、代表の福田裕子は

病院や介護施設や訪問リハビリなど人生の最期を過ごす場所で、

生活をするための、立つ、座る、歩く、息をする、といった

基本動作を楽にするための運動を教える理学療法士です。


しかし、世の中、運動が好きな人ばかりではありません。

けれど運動は、健康と幸せにどうしても欠かせない要素です。


働いていた介護施設では、

逆にお年寄りから学ぶことばかりでした。

「またやってみたい」

「楽しかった」

と言ってもらうことが、あのころの一番の毎日の目標でした。


そういうわけですから、スタジオユウは

「誰一人としてできない人をつくらない」

「いつでも、できない人の立場に立つ」

「みんなが先生」をモットーに


あちらこちらに不調が出てくる高齢期において

「いかにムリせずがんばらず、楽しく体を元気に長持ちさせられるか?」を

常に意識しつつ、加齢するすべての人に役立つ

健康の知識やノウハウを提供しながら


運動がもっと暮らしに近くに、あたりまえの文化になるように

健康で豊かで幸せな社会を、時流にあわせ、変化しながら

創造し続けるクリエイティブ企業を目指しています。