世界的な健康常識。『不動』が若さと幸せを奪う

今日は、この瞬間にも家でパソコンに向かって

リモートワークをしているあなたに、

ちょっとしたアドバイス^^


◉1時間に1回は立ち上がる

◉つぶされ続けていたお尻の筋肉をキュッと締める

◉伸びあがったりしてみる

なんなら、その場で100回くらいジャンプ^^

痛みがないならやってみてください。スッキリしますよ!

これで、姿勢悪化や基礎体力の衰えを防げます


おススメの10秒ポーズはこちら


【幸せの感度が高い人は平均寿命が10年長い】

「仕事が成功すれば幸せになれる」「病気にならなかったら幸せになる」と考えがちだが、

実は因果関係はすべて逆。

言葉以上に、体の動きや声のトーンが、幸せを測る尺度としてはるかに影響が大きかった。

信頼関係がある間柄では、ミリ秒レベルで本能的に体が同調

      日立製作所 フェロー ハピネスプラネット代表取締役CEO 矢野和男氏

       引用元: 日経BP BeyondHealth


という記事がありました。https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00048/121600006/?P=1

興味深いですね!


そういえば私、近ごろ、夫が「ご飯のお替りください」という前に

「ああ、おかわり欲しいのね」と分かるようになってきました。

今頃ですが・・・(*'▽')。

 

きっと子どもの状況を察知することのほうが

母として優先だったのでしょう。

 

『不動』は人間の敵。

幸せなコミュニケーションにも

体の健康にも心身の若さにも、

ちょっとした動きが必要なんですね。

 

10秒だけでも、いまのその姿勢を変えて

ポーズをとってみてくださいね。