パーキンソン病で膝の人工関節手術をした枩村さんの事例

2015年春、パーキンソン病で歩行がおぼつかなくなり、介護保険サービスを利用していた枩村さんは、ある女性の紹介で、体操教室に参加することに。はじめのうちは、自分がみんなの足手まといになるのではないかと心配されていましたが、4か月後には見違えるように歩けるようになりました。「パーキンソン病は進行する病気」と聞かされていた枩村さんは、そんな医師の言葉を意志の力ではねのけました。介護保険サービスを卒業。そして、2019年、東京の娘さんの家に!

スタジオユウ|10秒ポーズ健康カレッジ

自宅で続ける健康法、体験プログラム無料公開中!